blog

結婚式をしなくてもいい国


先日、ブライダルセミナーに参加させていただきました。

これから結婚をされる方々に

「結婚式をするかしないか」を考えるのではなく、

「結婚式をしたい!」と感じてもらうためにはどうすればいいのか。

これは会場プランナーの時からの私自身の大きな課題でもあり、

今回のセミナーを機会に改めて深く考えてみることができました。


日本では結婚が決まっても

最初から結婚式は挙げないと決めているカップルもいらっしゃいます。

しかも半数近くも… もちろんその理由は様々です。

お問合せをいただいた時に、「まだ結婚式をするかしないか迷っています」

と最初におっしゃるカップルが少なくないのも現実です。

しかし欧米では、結婚式を挙げないという選択肢がありません。

日本では、ふたりの間で誓い、婚姻届に署名をして

役所に提出すれば結婚は成立しますが

欧米では、法的権限のある人の前で署名を行わなければならず、

場所や司式者も法律で定められていて、その署名こそが挙式になります。

そして結婚することを、必ず世間に公にしてたくさんの人たちが

そのカップルを祝福することとされています。


結婚式は、これからのおふたりの人生を応援してくれる人たちに集まってていただき

今までの感謝の気持ちと、これから宜しくお願いしますを伝える

人生で一番大切な日だと考えています。

たくさんお金をかけなければ素晴らしい結婚式ができないと

いうことは決してないこと。

おふたりらしさやウエディングアイテムや演出も、とても大切なものですが

それはあくまでも一要素であるということ。

結婚式を挙げることの意味や大切さを、

もっともっとたくさんの方に伝えていければ

「結婚式を挙げたい!」と思うカップルが増えてくる。

そのために、今自分がすべきことは何か。少し発見できたような気がします。

色々なことを改めて深く考えることができ、とても充実したセミナーになりました。