Browse Month by 3月 2016
news

声に出して伝える

結婚式エンディングの定番とも言える、
新婦様が親御さまへ向けてお手紙を読むシーン。

「みんなの前では恥ずかしいから読みたくない」
「書いた手紙を渡せればいいです」
とおっしゃられるご新婦様もいらっしゃいます。

手紙は人に聞かせることではない
と言われればその通りなのかもしれないですが、

私は、出来れば結婚式という場で読んでいただきたいな
と思っています。

花束やプレゼント、気持ちをのせられる「もの」はたくさんあると思うけど、
「声」にするのとしないのでは、伝わり方が全然違うのかもしれません。

結婚式のような機会がない限りは、
ご両親に向けてお手紙を読む機会って、なかなかないと思うんです。

特別な日だからこそ、恥ずかしいけど気持ちを込めて伝えるこができる。
大切な人たちのあたたかい祝福の気持ちが、たくさん詰まっている空間だからこそ、
より伝わるものがある。

私は、たくさんの新郎新婦様から
そう感じさせていただいています。

それに・・・結婚式そのものもそうですが、
来てくれる皆さんはご本人が思っている以上に、お手紙のシーンを
楽しみにしてくれているものです。

そんなこと言いながら、自分自身のことになると
両親に手紙を読むなんて恥ずかしい!!!とか言ってしまうと思うけど、
普段なかなか声に出して感謝の気持ちを伝えられないのに、
機会があれば・・・の機会はほぼないと思うので
声に出して、自分の言葉で伝えようと思っています。



フリーウエディングプランナー 吉水舞子

福岡・北九州・山口でフリーのウエディングプランナーとして活動しています。
レストランや料亭、フリースペースを中心に特定の会場に所属せず
おふたりの専属ウエディングプランナーとして
心を込めて結婚式のプランニングをさせていただきます。


news, wedding ideas

spice up weddingが考えるオリジナルウエディング

おふたりが出会ってから一緒に過ごしてきた日々の中にある、
大切な想い出やそこから生まれたおふたりの好きなものや好きなこと。

かけがえのない大切なゲストのみなさまへの想い。
そこにはどんな背景があるのか…
私は、おふたりの人となりをたくさん知って
『おふたりだけのウエディング』を見つけたいと思っています。

近年、人と違ったことや誰もやったことないような演出をするのが
オリジナルウエディングと言われているように感じますが、
私は少し違うと思っていて・・・
  
それは、おふたりのお人柄やどんなゲストが集まるのか
そこでみんなに伝えたいことは何なのか 
みんなにどんな気持ちになってもらえたら嬉しいのか
どう表現すればそれが叶うのか…
たくさん考えて、結果として生まれたスタイル(カタチ)
なのではないのかなぁと。

何のために結婚式をするのか
一番大切にしたいことは何なのか
そこにはどんな想いがあるのか
大切なゲストの方々と今後どのようなお付き合いをしていきたいのか

『結婚式を挙げることの意味』をシンプルに考えてみると
どんな結婚式にしたいのかが、少しずつ見えてくる。

私はおふたりに楽しんでいただきながら、
そこへ導いていける
ウエディングプランナーでありたいと思っています。



フリーウエディングプランナー 吉水舞子

福岡・北九州・山口でフリーのウエディングプランナーとして活動しています。
レストランや料亭、フリースペースを中心に特定の会場に所属せず
おふたりの専属ウエディングプランナーとして
心を込めて結婚式のプランニングをさせていただきます。