news

老舗料亭で叶える和の結婚式


結婚情報誌などには載っていない、日本の歴史を感じる和の会場。

下関長府の老舗料亭【古串屋】さんをご紹介いただき、
こちらでの結婚式のプロデュースも可能となりました!

IMG_7589


下関では最も歴史のある料理屋で、
毛利藩のお抱えだったという歴史を持ち、高杉晋作や乃木将軍も通ったそうです。

IMG_7591
40名様くらいの少人数の結婚式にぴったりの広さです^^


IMG_7596


料亭は少し敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、
とても落ち着いた雰囲気で居心地が良いことから
ゲストとの距離がうんと近くなり、アットホームな結婚式が叶います。

また、靴を脱いでゆったりできるので、
ご年配者をはじめ年齢を問わず、大変喜んでいただけると思います。

そして、城下町長府の町並みは、
その時代にタイムスリップしたかのような気分になるほど、
城下町の空気が強く残っています。

IMG_7621
(長府藩侍屋敷長屋)


IMG_7611


(古江小路)


IMG_7618
(壇具川)


風情たっぷりのこの地で、日本の伝統を意識した結婚式ができたら
とっても素敵だと思うんです。

「日本の伝統的な結婚式をしたい」
という新郎新婦さまにはぴったりの場所だと思います。


例えば・・・

◎自宅で花嫁支度をして、親御さまに嫁ぎのご挨拶
昔は、住み慣れた家から花嫁さんが相手の家に入り、
「嫁入りの儀礼」としていました。
世界的にも、花嫁さんは家族の元でお支度をして出掛けていきます。
本来は当たり前のことだったかもしれませんが、
親や家族に見守られながら花嫁になっていくことに、とても憧れます。


◎壇具川沿いや城下町の面影を残す古江小路で、古式ゆかしい花嫁行列
花嫁が家族や親族と行列を組み、「花嫁道中」で嫁ぎ先へ向かったことが
由来と言われています。
神前式で行われている、「参進の儀」もこの由来からきているそうです。
近くには、城下町長府の中心に位置する「忌宮神社」があり、
神社での挙式も叶います。


◎家と家を結ぶことを祝う日本古来の結婚式、【祝言】
祝言は古来から続く日本の一番古いスタイルの結婚式です。
家と家、人と人を結び、結婚の証としていました。
厳粛な中にとてもあたたかさを感じるお式です。
最近では和婚式・祝言式・和装人前式と言われています。


◎ゲストとの距離も近く、ゆったりくつろいでいただけるおもてなし
“お披露目会”というと、恥ずかしい!という気持ちが先行してしまいがちなので、
“楽しいお食事会”といったイメージで、
おふたりの大切な方々と一緒に、美味しいお料理と美味しいお酒、
そしてたくさん会話を楽しみながら
力を抜いて、ゆったりと過ごしていただく。
というようなスタイルはいかがでしょうか。


また、近くに下関の歴史を感じることができる
観光スポットがたくさんあるのも魅力のひとつです。

古串屋さんは、宿泊もできるので
遠方から集まってくださる方々のために
「長府城下町ツアー」を計画してみるのも面白いかもしれません!

おふたりの地元だったり、大好きな思い出の場所だったり、
これから生活する新しい町だったり、
おふたりのことを知っていただける機会にもなるし、
ゲスト同士の仲もうんと深まりそうです。



——————————–
料亭ウエディングプラン
概算予算:40名様のお見積り ¥1,200,000

挙式料・お料理・お飲物・プロデュース料・白無垢紋付1点・着付けヘアメイク
会場装花・写真(六つ切アルバム・スナップ)・司会・出張費

※お料理お飲物のサービス料は含まれておりません。
※税別価格です。
※挙式料は、料亭内での挙式が含みます。
※上記の価格は目安です。おふたりのご希望の合わせてプランを作成いたします。
——————————–

フリーウエディングプランナー吉水舞子