blog

自然体でいてもらえるように

昨日打ち合わせを終え、
おふたりと一緒に歩く帰り道
急に雨が降り出しました。

誰も傘を持っていなくて
みんなで雨にうたれていたら
新郎さんが「気持ちいいね」
と一言。
その横でニコニコと優しい笑顔の新婦さん。

なんでもない出来事だけど、
その一瞬に、
「こんなに素敵なふたりの結婚式を一緒につくれるんだ」
とすっっっごく幸せいっぱいになりました。


その雨がすごく心地よくて、
3人とも歩くペースは変わらず
お互いびしょ濡れになってることなんて気にも留めず。笑
会話は結婚式の話で持ちきり。


結婚式までのプロセスをもっと丁寧に
もっと大切にしていきたいし
私はウエディングのお仕事をする中で
この時間がすごく好きなんだろうなと
改めて再認識した瞬間でした。

最近はいい意味で、
前よりもずっと自然体のままで
肩の力を抜いて、
おふたりと関わり合えているなと
実感しています。
以前は「ウエディングプランナー=接客業」
みたいなのが頭の片隅にあって
(会社員時代の感覚が抜けてなかったというか)
それが今はほぼゼロに近い感じで。

プレッシャーはぜんっぜん変わらないし
寧ろ年々増してるけど
こんな一瞬の出来事から
ふたりのあたたかさや人柄を
感じとるようになれていることが
とてもうれしいのです。

きっとこんなことろから
「ふたりらしい結婚式」のヒントが
たくさん見つかるんだと思う。

私はその一瞬一瞬を見逃さないように
いつも敏感に感じ取っていきたいし、
そのためにも
ふたりにもいつでも自然体で
色んな一面を見せてもらえるように、
お話してもらえるように
「ウエディングプランナーをしている友達」
のような存在になれたらと思っています。


ひとり帰り道、
この虹を見つけて(しかも2本!)
さらに幸せな気持ちになりました!
恵の雨からもらったパワー。
がんばるぞーーー!